水没後これだけは避けるべし!

電源を入れて壊れていないかを確認するのは避けよう

iPhoneを水の中に落としてしまったあと、これだけは絶対にやってはいけないという行為としてどのようなものが挙げられるでしょうか。まず、やってはいけないことの中でも一番といえるのが、通電を行うことです。たとえば、電源が切れている状態で水の中に落としたあと、壊れていないかを確認するために電源を入れるという行為は最悪といえます。
一方、電源が入っている状態で水の中に落としてしまい、すぐに拾い上げて電源を切るという行為は正しいです。電源ボタンを操作することが駄目なのではなく、基板が濡れている可能性が高いにもかかわらず、通電状態にすることがまずいからです。仮に、見た目には正常動作していたとしても、電源を切るようにしましょう。

自分でカバーを開けて基板を拭こうとしない

次に、なんの知識もないにもかかわらず、カバーを開けて濡れた基板をタオルなどで拭こうとするのも避けましょう。iPhoneは精密部品の塊であり、カバーを開けた拍子になにかの部品がはずれて行方不明になるということがあり得ますし、素人が素手でパーツを触ることによって故障する可能性もゼロではないからです。
ドライヤーの熱風で乾かそうとするというのもおすすめできません。表面の水分は乾いたタオルで十分取り除けるのでドライヤーの熱風をあてる意味はほとんどありませんし、熱が内部に伝わることによってiPhoneが故障することがあり得るからです。また、電子レンジに入れて乾かそうとするなどもってのほかです。故障を招きます。

iPhoneの画面割れを防ぐためには、市販で発売されている強化フィルムを購入することが一つの例として挙げられます。